上天草市地域おこし協力隊 ~北海道から移住してみた~

地域おこし協力隊活動と北海道から移住した暮らしを綴ります

いどばたや市の日

2021.2.11(木)

本日は、私が1歳になった1966年(昭和41年)の祝日法改正により国民の祝日に加えられ翌年の1967年(昭和42年)2月11日から適用になった『建国記念の日🎌』ですね。

と言いましても特に意識もせず「あぁ休みだ~」と”ただの休日”になりがちですが、この改正に当たっては「いつを”建国の日”とするか」について幾つかの候補が上がり多くの議論が重ねられ、最終的には「”初代天皇”とされる神武天皇の即位月日をグレゴリオ暦に換算した日付」と決め、そして名称は、国家成立日を確定して祝うのではなく『日本という国が興り、現在もあるという事』をお祝いする日として「」を入れることに決まった、という経緯があったようです。

そんな今日は、当時の首相”佐藤栄作”が「建国をしのび、国を愛し、国の発展を期するという、国民等しく抱いているその感情を率直に認めて、そしてこの日を定めようとするものであります。」との思いを述べているとおり、「建国されたという事に思いを馳せる日」であるということを、チョットだけ考えてみるのもいいかも知れませんね。(参考:tenki.jp「まわりに説明できますか?「建国記念の日」についてのアレコレ」)

ってなことを”ほんのチョット”だけ考えながら、あいにくの薄曇りの空の下を昨日に引き続き向かいましたのは、維和島は千束の「つどい処いどばたや」です。 開催は”年に一度”という『いどばたや市』を訪れる機会を得ましたので、本日はその様子をお伝えいたします。

f:id:fuchigraphy:20210211151354j:plain

いつでも初めてよかよー

島内外から持ち寄られた名産品や手作り品の数々がテーブル狭しと並べられ、この画角の裏には開催待ちの皆さんがアレコレと目星をつけながら待機中です。

私も下見を兼ねてご挨拶(あ、ご挨拶を兼ねて下見ですな💦)に寄りますと、先週と昨日訪問させていただいた「いどばたやサロン」(かよいの場)に参加されていたご婦人や、他の”かよいの場”や”どんどや”でお会いできた方が出品していて、やはり”楽しいことを興すエネルギー”を持っているひとはこういう風に生きてるんだなぁと感慨一入、ゴロゴロしがちな我が身を省みるばかりでした・・・

f:id:fuchigraphy:20210211152242j:plain

テーブルごと買うけん!

f:id:fuchigraphy:20210211152315j:plain

玉ねぎ売り場に見えちゃいますが、実は・・・↓

f:id:fuchigraphy:20210211152220j:plain

ハンドメイドの革製品を扱っていました

f:id:fuchigraphy:20210211152834j:plain

おふたりの紹介

さて、島外から参加のコチラのおふたり・・・実はミュージシャ~ン🎺 パン屋さんはミトンを脱いだ手にフルートを持ち、刺し子の細工師さんは針をオカリナに持ち替え、皆さんお待ちかねの演奏会の開幕です。

f:id:fuchigraphy:20210211153844j:plain

聴き馴染みのある曲に客席から歌声も響きます

いやぁ~ステキですね~🎵 口笛すら怪しい私ですので、楽器を奏でられるのってホ~ント憧れちゃいます✨

f:id:fuchigraphy:20210211153856j:plain

手拍子と合唱

美しい音色は幼いお子さんも聞き入るほどで、恒例となっているというこの演奏を楽しみに訪れた方が多いのも腑に落ちました。

さてこの「いどばたや市」、地域の皆さんが畑で作られた作物🥕や加工品🍡が勢揃いするものかと思いましたら、その他にもアクセサリー💍や花卉🌼やアレやコレも並び、実にバラエティに富んだラインナップだったのは実に驚きでしたよ~。 そんなビックリドッキリだった私に「買わなくていいんですか~😏?」と市社協のT矢さんがスイッチをONにしてくれましたので、撮影エネルギーを買い物に切り替え、地域おこし協力隊(維和地区を主に活動)☆野さんオススメの“玉ねぎ”、梅の木のY崎さんから“芝海老”と“からいも団子”を入手、帰宅早々に妻と維和島の味を楽しませていただきました😋

先週に引き続き昨日今日と連日訪問させていただき、またとても楽しい時間を過ごさせていただきありがとうございました。 来週・・・3週連続になりますが、本記事と写真をお届けにまた伺わせていただきます。ではでは。