上天草市地域おこし協力隊 ~北海道から移住してみた~

地域おこし協力隊活動と北海道から移住した暮らしを綴ります

薫る春

2021.2.5(金)

⏰目覚ましを止めた事すら覚えていない二度寝から起きた今朝、窓から見える松島の港にゆらゆらと流れる「気嵐」の誘惑に負けて顔も洗わずに出かけて来たものの、”寝ぼけ眼”でファインダーを覗き込んでもまともな写真など撮れず、ただの早朝散歩になってしまいました。。。😅

この幻想的な「気嵐・毛嵐(けあらし)」は、『山間部で冷えた空気が暖かい海面に流れ出てきて、海岸付近の海面上に湯気のように発生した霧のこと。一般には、気温と表面水温との差が6℃以上になると、空気中の水蒸気は凝結して霧になるといわれている。(参考:暮らしの中のバイオクリマ)』というもので、気象用語では「蒸気霧」と呼ばれるそうです。

f:id:fuchigraphy:20210205190446j:plain

ただの朝の散歩に終わる

そんな健康的な朝を過ごした本日、突撃の候補地としていた”かよいの場”数か所から絞り込んだのは、大矢野は登立の「西の浦親和会」(西の浦公民館)です。 全ての”かよいの場”を登録したスマホを据えたら”カーナビ搭載車”に早変わりですが、たまに「目的地周辺に着きました」「おいおい”周辺”ってナニよ」というケンカもあるものの、今日はキッチリ連れて来てくれました👍️

さて、代表者さんに自己紹介と訪問意図を申し上げますと、「あ~北海道から来たひとね」「登立のグラウンドゴルフでスナップ撮ってくれたひとね」と、何と私を知って下さっているではありませんか――(゚∀゚)――!! アポなしで飛び込んだあとのこの安堵感は、まさに凍えた指のシバレが解けてくようなカ・イ・カ・ン💖

その後、お集りの皆さんに紹介していただき、また、北海道在住の方と数十年間交流を続けていらっしゃる方や北海道旅行で温泉地を訪れたことのある方とお話しもでき、スムースに撮影と情報発信についてもご理解いただけました。

f:id:fuchigraphy:20210205192716j:plain

本日は7名の皆さんが集合

さぁ、そうなれば「ウロチョロしますが、私をいないものと思って下さい」と申し上げるが早いか「石ころ帽子o(ミ゚エ゚ミ)o」(※)を被って撮影の開始です📷 そして、カメラの設定は~と見直している中、テレビから流れる映像は意外にも多くの”かよいの場”で二つ目に行う「フィーバー編」と私が呼んでいる方の体操・・・最初からフォトジェニックな方を撮れるなんて新鮮~٩(ˊᗜˋ*)و

※石ころ帽子:「ドラえもんⓇ」がポケットから出す道具のひとつ。かぶった人が、道端に落ちている石ころのように誰からも目を留められなくなる帽子で、「存在」が透明になるというもの。

f:id:fuchigraphy:20210205202941j:plain

ビシビシっと正拳突きのようです

f:id:fuchigraphy:20210205203009j:plain

数えていると左右が分からなくなりがち

f:id:fuchigraphy:20210205203451j:plain

左右に捻る体操はこの構図で

f:id:fuchigraphy:20210205203508j:plain

あれま、左かい?

f:id:fuchigraphy:20210205203530j:plain

フィーバー編も佳境に

f:id:fuchigraphy:20210205203604j:plain

シャキシャキと快活な動き

やっぱり、ハツラツと元気に体操している皆さんを象徴しているこのパートが大好きです。 リズミカルに手が上がり逆の足を前に出す姿はステップを踏んでいるようで、「サタデー・ナイト・フィーバー」の有名なあのシーンとどうしても重なるものですから勝手に「フィーバー編」と心の中で命名してしまった次第です😁

そんなディスコティックな西の浦公民館では「最終金曜日は輪投げ大会を開催している」とのことで、なるほど活動前にご婦人が「輪投げ」の練習に勤しんでいたワケが飲み込めましたが、そういえば私のお守り専門官K﨑さんが以前「地域の大会がありますよ~」と教えて下さったことを今更ながら思い出すという不覚・・・しかし、開催に合わせての再訪を快諾いただきましたので、改めてのご紹介ということに☝️

さて、体操終了後には、代表者さんが「花壇整備にも力を注いでいるよ」と案内してくださいまして、そこで「上天草市外から来たひと目線で”いい事”も”よくない事”もしっかり見てほしい」、「時間がかかっても次へその次へと繋いで”地域おこし”を成してほしい」とお話しをいただき、また、協力隊活動に期待を寄せて下さっていることも伺うことができ、グッと心を引き締めた次第です。

 

最後になりましたが、「調整なし前触れなし」で飛び込んだものの、温かく迎えていただきましてありがとうございました。 次回、写真と本ブログ記事のお届けでお会いするのを楽しみにいたします(*´∇`)ノ ソレデハ~♪

f:id:fuchigraphy:20210205220444j:plain

白梅と繍眼児